ホーム
マイアカウント
お問い合わせ

漆のうつわについて

.

Q 和×和のうつわは、熱いものを入れても大丈夫ですか?

A お味噌汁、スープ等の温度の食品では問題ありません。安心してお食事をお楽しみ下さい。ただ、揚げたての油物等の高温になる食品は、変色や傷み、割れなどの原因になりますのでお避けください。

.

Q 塗っている漆や木はほんものですか?

A 和×和の提案するほんものとは、漆は国産漆100%で、天然国産木材を使用したうつわのことを指します。和×和では高品質な漆のみをより選り、岩手県・茨城県のベテランの漆掻き職人さんから直接仕入れています。合成塗料や中国産漆、その他増量剤の混入はありません。また、灯油などの有機溶剤も不使用です。胎となる木地は、トチ等の国産天然木で、無垢の材を挽いて制作しております。樹脂の中に木粉を入れて成形した木地ではありませんので、若干の個体差や無垢材ならではの特性がありますが、安心してお使いいただけます。

.

Q 国産漆100%というのは本当ですか?中国産漆が混入したりすることはありませんか。

A 工房は、国産漆専門工房としてスタートした時より、国産漆しか扱っていません。漆は国産漆しか持っていませんので、作業中に中国産漆がまぎれこんだり、うっかり使ったりすることはありませんのでご安心ください。

.

Q 何年くらい持ちますか?

A 個体差や使用状況によって差がありますが、お椀の場合は、毎日ていねいにご使用いただいて、10年前後ご使用できるよう目安にして制作しております。10年経過したら塗り直しをしてリフレッシュすることをおすすめします。下地から純粋な国産漆のみを使用してしっかり作っておりますので、塗り直しも簡単です。

.

Q 漆のうつわを使って、かぶれたという話を聞きましたが…。

A 『漆のうつわを使用してかぶれる』は、さまざまな事情で十分漆が乾き切っていない場合にまれに生じます。和×和のうつわは、純粋な国産漆を使い、時間をかけてしっかり乾燥させていますのでご安心して漆の心地よさを楽しんで下さい。ただ、ごくまれに「漆」という素材に非常に敏感な体質の方もいらっしゃいます。そうした方は念のために漆のものはお避けいただいた方がよいかもしれません。

.

Q 塗り物には漆の匂いすると言いますが。

A よく「漆器は匂う」と言われますが一般的な匂いの大半は、漆樹液の不純物に起因する品質劣化と、作業上漆に混ぜた灯油などの揮発性の溶剤や増量剤の匂いが主流です。

和×和シリーズはいっさい漆に溶剤を混入させていません。漆は最高品質で高純度の国産漆のみ、

漆の品質管理にも細心の注意を払っており、多くのお客さまから「漆の匂いがほとんどしない」とご好評いただいております。また、工房に来られた方も、塗り部屋に漆の匂いが全くしないと驚かれます。

しかし、まれに匂いに敏感な方もいらっしゃいます。気になる方は、塗り上がりより3ヶ月以上うつわを外気に触れさせるとほとんどの方は匂いを感じなくなるそうです。それでも気になる方は、ご相談下さると助かります。

.

Q 和×和のうつわは、何回くらい塗っていますか。

A 下地から上塗りまで、最低6回以上塗り込んでいます。十分な漆の厚みがありますので、漆の豊かさ心地よさをお楽しみいただけます。

.

Q 落としても、木なので大丈夫ですか。

A 漆と木のうつわは、焼き物と違い、素材に柔軟性があります。なので、落としても壊れることは焼き物より少ないです。ただ、落とした時の衝撃で、外見から分からない瑕疵が生じることがよくあります。その見えない瑕疵が熱い食品を入れたりする時の熱収縮等の刺激により、最終的に故障の原因となることがあります。なので、なるべく落としたりしないで、丁寧にお取り扱い下さると幸いです。

.

Q うっかり落として、ヒビ・カケが生じました。修理できますか。

A 修理できる場合がありますので、ご相談下さい。修理費は別途お見積もりいたします。カケの場合は、補修に使いますので、破片は捨てないで保存して下さい。

.

Q 赤いお椀がいいのですが「ベンガラ溜」と「朱溜」の違いはありますか。

A ベンガラ溜、朱溜はそれぞれの中塗りの上に、顔料を入れていない上塗り漆(透明な飴色)を2回かけています。いまページ上にアップされているお椀は完成から日が浅く、ベンガラ溜、朱溜ともあまり色味の違いはありません。

これが数年経ってくると、上塗りの漆の色が明るくなって中塗りの色がより感じられるようになります。(漆の特性上、経年で透明度が増してきます)

      ※ベンガラ溜 → 少し色が鮮やかになる

      ※朱溜 →  かなり色が鮮やかになる

どちらも、ふだんのご使用にはほとんど変わりません。

ベンガラは古来より使われてきた歴史ある安定した酸化鉄の顔料です。特に自然素材にこだわる方はベンガラをお選びになることが多いです。

和×和 では、特に発色のよいベンガラを使っていますが、赤みは朱よりややひかえめです。

.

Q ちゃんとした漆のお椀がほしいのですが、「飯椀」と「汁椀」とありますが、どちらがいいか悩んでいます。アドバイスはありますか。

A 和×和では、大きい方のお椀(11.5cm)が飯椀、小さい方のお椀(11cm)が汁椀となっております。二つセットして「2つ入れ子椀」にする設定になっております。本来は古典的な、和×和 2つ入れ子椀の仕様です。

バラ売りなのですでにお持ちの食器と合せて、飯椀を汁椀にしたり、汁椀をご飯茶碗にお使いいただいて差し支えありません。ご家庭に合せて、お好みでお選び下さい。

.

Q 和×和のお椀は、どのお椀もマットな質感に見えるのですが、実際はどのような雰囲気なのでしょうか?

A だいたい画像どおりだと思います。漆器の艶に対する基礎になるおおもとのイメージは、お客さまにとってそれぞれなのですが、日本一有名な輪島塗りのように、おもに中国産の漆を仕上げに塗り、研磨剤で磨いたり、中国産漆の液に艶の出る油脂類などを混ぜたピカピカな漆器を基準にイメージが念頭にある方にとっては、この和×和の国産漆のプレーンな汁椀は半つや消しに見えると思います。

国産漆の中でも高品質で純度の高い漆はそれぞれ特長があり、混ぜ物に頼らずに色々な表情をみせてくれます、高い技術で採取された国産漆はよいタイミングで乾かすと特につや消しになることが多く、工房のうつわはいろいろなバリエーションがありますが、マットな表情のものが主流です。また漆液をプレーンなまま長期間熟成すると非常に面白い表情になる事が分かっています。

特にレア物の漆では非常に希有な表情の強い艶や、消し、透き、光の屈折、柔らかな虹彩のものなどさまざまです。 (ざらざらしたような超マットなものもときどき生まれます)

   例/超つや消しの椀1

   例/超つや消しの椀2

和×和のお椀は、漆初心者の方が初めて使う国産漆100%のお椀と言うコンセプトで登場しました。

長く使っても強く、深く落ち着いた表情は飽きないうつわの成長を願って、素材の仕立てを考えて選定されています。

和×和のお椀は工房作の中では比較的つやがある部類になりますが、上品な半つや消しで、現在の一般的な明るい室内では馴染みの良い表情でしあがっていると思います。ご参考にしてください。

.

Q 黒溜は漆黒というより、すこし赤味があるように見えますが、実際に赤味があるのでしょうか?

A 漆は真珠のように光源によって色味は多少違って見えるのですが、この黒溜は備長炭を顔料にして表現した黒なので、炭のような黒…と考えていただければイメージしやすいと思います。

下地にベンガラ入りの漆(赤い漆)を刷毛目を立て塗り込み、黒漆を薄く塗り、透き漆を塗り、研ぎ出し、上塗りをしました。 落ち着いたしかも複雑な表情の効果を期待しているので、強い光源のもとでは刷毛目や点、口縁や高台の裏などにうっすらベンガラの赤を感じるところがあります。(若干ですが個体差があります)

.

Q 以前デパートで求めた作品には「和」の銘が入っていましたが、和×和のお椀のうしろには銘が入っていないのですが…

A 銘に関してですが、

1)手書きの「和」の字

2)焼き印の「和」の字

3)銘なし

以上のものは、和うるし工房あい のデパート等での企画展、ネットショップのギャラリー等で取り扱いしています。

wawanomei.jpg

ネット販売専門の「国産漆のうつわ専門店 和×和」での銘は焼き印の「和×和」のみです。今回お求めのものは、「和×和」の焼き印が入るタイプのものです。

ネットショップの「和×和のお椀」には、高台の裏に「和×和」の焼き印が入っているのですが(写真)制作工程で、漆下地で埋まって見えにくくなっているものもあります。

見えているものもあるのですが、埋まってしまったものも多いです。また、手動の焼き印の深さに個体差があります。

.

Q 漆器は出来上がって3ケ月ぐ らいから使用するのがベターとの教えがあります。塗り上がり時期を記載している商品としていない商品があります。記載していないものの塗り上がり日は分かりますか。

A 当工房の商品は、塗り上がりから一ヶ月経過後から日常使いができる状態と考えています。ネット掲載時点で、一ヶ月未満の商品に関しましては、塗り上がり時期を記載してお客様にお知らせしております。記載していないものに関しては、気になる方はお問合せフォームからショップまでお問い合わせ下さい。

.

Q フリーカップは注文できますか。

A フリーカップは塗りの開発のためのサンプル代わりに制作しています。それを商品として、不定期に出しています。その分お求めやすい価格に設定しておりますが、オーダーはご遠慮いただいております。

.

.

.

.

ご注文・発送について

.

Q いつ届きますか。

A ご入金確認後1週間以内に発送いたします。(催事等で工房が不在の際は、少し日数をいただく場合があります。お急ぎの方、ご希望の配達日がある方は事前にご確認ください)

.

Q ギフト用にしたいのですが…。

A 

ギフトについてのページをごらんください。ご自宅用の場合は簡易包装となりますが、ギフト用の化粧箱に入れてラッピングいたします。(ギフト用の箱は有料、別途ギフト用の化粧箱をご利用下さい)

.

Q お店をしています、卸販売もしていますか。

A このショップの和×和シリーズは、ネットショップのみのシリーズとなっております。

.

Q 黒いうつわを購入しましたが、やはり朱溜がよかったなと後で思いました。未使用なら希望の色の品と交換できますか?

A 和×和シリーズは、「自分のためのうつわ」がコンセプトで、一度ほかの方の手に渡った商品は他の方に再販しない方針となっております。大変恐縮ですが、イメージ違い等の理由の交換はご遠慮下さい。ネットショッピングのため、現物をごらんになって購入できないという特性がありますので、事前のご質問にはお客さまの納得のいくまでご説明いたします。何とぞよろしくお願い申し上げます。

.

Q 一度購入しましたが、その後新作が出たので追加の注文をしたいです。

A 最初のご購入後、1週間以内でしたら追加注文分とまとめます。その際に合計額15,000円以上になりましたら、送料無料とさせていただきます。合算の金額をお支払いください。(ただし、発送先が北海道、沖縄、離島の場合は送料無料サービスは適応されません)

.

.

.

その他のご質問

.

Q 自宅に壊れた古い漆器があります。修理していただきたいのですが。

A 

古い漆器は味わいがあって良いものです。修理してお使いくださると古い漆器も喜ぶと思います。たいへん恐縮ですが、当工房では工房制作のもの以外の修理は行っておりませんので、修理専門の工房等にご相談くださると幸いです。

国産漆で修理を希望の方は、長野県の竹内工芸研究所さんをご紹介いたします。

.

Q 以前、作品展で見かけたうつわが気になっています。このショップで購入できますか。

A こちらのお問合せフォームよりお問合せください。

.

Q 好みの大きさと形のうつわをオーダーできますか。

A こちらのお問合せフォームよりお問合せください。

.

Q 工房に直接行って、購入することはできますか。

A 恐れ入りますが、工房は「実店舗」はなく、制作のみの場となっており、展示販売は通常しておりません。(商品の在庫は梱包して別の場所に置いている形となっております)どうぞよろしくお願いいたします。作品展会場か、ネットショップでごらんいただけますと幸いです。

.

.

.

大きなお店と違い、少人数の小さな工房で特別な素材のみを使って少量制作しておりますので、すぐにご希望に添えないことも多々ありまして、申し訳ありません。

なるべくお客さまのご希望にお答えしたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

.

.

.

むぎ全身よろしく.jpg