店長ごあいさつ


2018_12_26_mugikun.jpg

こんにちは、店長のむぎ君です。
おなかいっぱい食べるのが大好きな、キジトラの雄で今年13才になります。
このたびはご来店ありがとうございました。

僕は2005年に香川県善通寺市の「和うるし工房あい」に来て以来、ずっと国産漆とともに生きてきました☆
当時は国産漆100%を公表して仕事をする漆工房はほとんどなく、今まで試行錯誤の日々でした。
この扱いにくくてわがまま、なのに神秘的で美しい、未知の素材「国産漆」をオタクな視点でとらえ、ほかにはない魅力を発信していきたいと思います。
最初にお伝えしないとならないのですが、残念ながら、弊工房は量産できません。また、素材にこだわっていますので、二度と入手不可能な材料も使っており、在庫限りで終了するものもよくあります。
気になるものがございましたら、ぜひチェックしてくださいね。
どうぞ楽しんでごらんくださいますと嬉しく思います。


いつオープンしたのでしょう?
「国産漆のうつわ専門店 和×和」は、国産漆専門工房 和うるし工房あい のオンラインショップです。この工房は、国産漆の素晴らしさを多くの方に知っていただきたいという願いから、2001年に香川県善通寺市でスタートしました。当時の日本では、まだ皆無だった「国産漆100%」をキーワードに、純粋な国産漆の表情を活かしたマニアックな作品展開をして、日本各地での百貨店さんでの作品展で作品披露をずっとしてまいりました。

お客様による近年からの「遠隔地からでも安全で美しい漆器がほしい」とのご要望から、2011年1月よりこのオンラインショップを開設しました。


ほかの特長はなんでしょう。
一般的に「漆器」の制作は長く世間から情報が閉鎖されており、素材や制作内容はお客様の目線からはたいへん分かりにくく、勘違いしやすくなっています。「国産漆のうつわ専門店 和×和」は、うつわに使用した材料を各商品ページに明記して、お客様に開示しています。
「国産漆のうつわ専門店 和×和」は、多くの知識と経験にもとづいて国産漆の個性・特性を見きわめ、「手に届く価格で、安全で美しい国産漆のうつわをお探しのお客様」と「国産漆100%というだけでは飽き足らない、国産漆の極みを知りたいというお客様」のために、展開していきたいと思います。

※オンラインショップのみのお品があります。
※漆は国産漆のみを使っています。
※国産漆にも大きな品質の格差があります。工房の選んだ高品質な国産漆のみ使用しています。
※漆上級者の方に「こんな漆の表情があるのか」と目にとめていただけるよう、国産漆の個性を追求しています。
※使用した国産漆の履歴を可能なかぎり公開しています。
※中国産漆、ウレタンなどの合成樹脂は一切使用していません。
※木地となる木材も、国産を使用しています。
※希釈、増量を目的とした、灯油等の溶剤や合成樹脂等は一切使用していません。



申し訳ありませんが…。
ふたりだけの小さな工房で、仕入れ・管理・制作・ショップ経営 等 すべてしております。
制作にたいへん時間がかかる作風で、年間制作数も限られています。
また、年に数回の作品展用の作品作りも並行しています。
他の大きな工房さん、販売店さんのように、迅速にお客様のご要望にお応えできないことがあるのが悩みです。が、せいいっぱい努力致します。よろしくお願い申し上げます。


同じ仕様、同じ価格の継続が難しい場合があります。
国産漆(どんな国産漆でもOKではなく、見極めてストックしています)、国産材、その他副資材 を多数使っています。
国産の素材は、価格の高騰もしくは、入手困難になることがよくあります。
また、弊工房では、先代から引き継いだ昭和のレアな副資材等も使っています。これらもストックがなくなり次第終了となり、全般的に同じ仕様の継続が難しいオタクな作ばかりです。
もし、目に留まるものがありましたら、お早めにご検討下さいませ。



工房イメージ

IMG_5516.jpgIMG_5529.jpg

2014MG_9635.jpg

※恐れ入りますが、工房は店舗機能はなく、制作のみの場となっております。工房での展示販売はしておりません。



2017_1980-195d6.jpg
工房の漆畑(高松市五色台 2016年撮影)

 


IMG_7664.jpg
2016年漆掻き