ホーム
マイアカウント
お問い合わせ


ショップについて

.

2011_6819.jpg

.


いつオープンしたのでしょう?
「国産漆のうつわ専門店 和×和」は、国産漆専門工房 和うるし工房あい のオンラインショップです。この工房は、国産漆の素晴らしさを多くの方に知っていただきたいという願いから、2001年に香川県善通寺市でスタートしました。当時の日本では、まだ皆無だった「国産漆100%」をキーワードに、純粋な国産漆の表情を活かしたマニアックな作品展開をして、日本各地での百貨店さんでの作品展で作品披露をずっとしてまいりました。
お客様による近年からの「遠隔地からでも安全で美しい漆器がほしい」とのご要望から、2011年1月よりこのオンラインショップを開設しました。

.


どんな品がありますか。
主力商品として、オンラインショップ用に開発した「和×和のお椀」「和×和のお箸」「和×和のお皿」等の「和×和シリーズ」を展開しています。
そのほか、「都会の作品展に行けない人にも、工房の作品が求められるようにしてほしい」というお客様のために「ギャラリー」「店長の特選品」では、工房が通常制作している作品性の高いマニアックな漆の表情を活かしたものをご紹介しています。

.


ほかの特長はなんでしょう。
一般的に「漆器」の制作は長く世間から情報が閉鎖されており、素材や制作内容はお客様の目線からはたいへん分かりにくく、勘違いしやすくなっています。「国産漆のうつわ専門店 和×和」は、うつわに使用した材料を各商品ページに明記して、お客様に開示しています。
「国産漆のうつわ専門店 和×和」は、多くの知識と経験にもとづいて国産漆の個性・特性を見きわめ、「手に届く価格で、安全で美しい国産漆のうつわをお探しのお客様」と「国産漆100%というだけでは飽き足らない、国産漆の極みを知りたいというお客様」のために、展開していきたいと思います。

.

.

.

.

<和×和シリーズのコンセプト>


※オンラインショップのみの販売です。
※漆初心者の方のために開発しました。
※漆初心者の方のために価格を抑えています。
※漆初心者の方におすすめの漆の塗り肌にしています。
※漆は国産漆のみを使っています。
※国産漆にも大きな品質の格差があります。工房の選んだ高品質な国産漆のみ使用しています。
※使用した国産漆の履歴を可能なかぎり公開しています。
※中国産漆、ウレタンなどの合成樹脂は一切使用していません。
※木地となる木材も、国産を使用しています。
※希釈、増量を目的とした、灯油等の溶剤や合成樹脂等は一切使用していません。
和×和のお椀  和×和のお箸  和×和のお皿 はこちら

.

.

.

<ギャラリーのうつわのコンセプト>


※作品展に出品するものと同ランクのものを展示しています。
※美術品仕様のものが入る場合があります。美術品仕様について
※漆は国産漆のみを使っています。
※国産漆にも大きな品質の格差があります。工房の選んだ高品質な国産漆のみ使用しています。
※漆上級者の方に「こんな漆の表情があるのか」と目にとめていただけるよう、国産漆の個性を追求しています。
※使用した国産漆の履歴を可能なかぎり公開しています。
※中国産漆、ウレタンなどの合成樹脂は一切使用していません。
※木地となる木材も国産を使用しています。が、素材の面白さや特性を優先して、外国産の材料を使う事もあります。(その際は表記しています)
※希釈、増量を目的とした、灯油等の溶剤や合成樹脂等は一切使用していません。しかし、表現の面白さを追求するため、制作工程で一部溶剤を使用する事があります。(その際は表記しています)
ギャラリーはこちら

.

.

.

<店長の特選品のコンセプト>


※毎月1日に店長のおすすめを発表します。
※基本的にセットもの、化粧箱、桐箱入りとなっています。このコーナーだけの特別品も出ます。
※以下は、<ギャラリーのうつわのコンセプト>に準じます。
店長の特選品はこちら

.

.

.

.

.

.

工房の様子

漆室.jpg

下地・中塗り用の漆室、漆を保存した茶碗

研磨部屋.jpg

研磨部屋、上塗り用回転漆室

外室.jpg

大型用漆室、絵付けの様子

.

.

工房で貯蔵している国産漆の樽。

工房で貯蔵している国産漆の樽

.

※恐れ入りますが、工房は店舗機能はなく、制作のみの場となっております。工房での展示販売はしておりません。

.

.

.

工房の漆畑(高松市 2010年5月撮影)

五色台の漆畑

.

和うるし工房あい漆畑

■場  所/五色台(香川県高松市中山町)

■植栽期間/2002年〜2017年(予定)

■広  さ/約3反

■植栽苗木/ウルシの木(分根法による阿波漆)

■植栽方法/畑を15分割して、15年間毎年植栽

■漆採取開始年度/2018年(予定)

.

工房のウルシ畑があるのは、高松市の五色台という山の中腹です。将来、漆樹液を採取するための畑です。 2002年から漆の苗(徳島産)を少しずつ植えていっており、初期に植えたものはかなり大きな木となりました。 また、このウルシ畑は、徳島の漆掻き職人・東官平さんや地元の方のご協力を得て「公開植栽」を、工房主催で催し、ウルシに対する関心を深めていただく場所にしようとしております。

.