在庫かぎりで終了.jpg


端反椀(銀彩)


たっぷり入る端反椀の登場! 具沢山のお味噌汁にどうぞ。
眺めて飽きない、やや肉厚の品のある草花紋の銀彩のお椀です。


材/国産ミズメザクラ材 【木地制作/中嶋武仁】 
漆/国産漆100%
  【木地固めの漆】2008年岩手県の大森俊三の末辺生うるし
  【 中塗り の漆】2008年岩手県の大森俊三の末辺生うるし
  【 上塗り の漆】2004年岩手県の大森俊三の盛辺生うるし
他/超微粒子備長炭、銀泥  
   ※希釈、増量を目的とした、灯油等の溶剤や合成樹脂等は一切使用していません
   ※中国産漆は一切使用していません
   ※径 12.5cm  ※高さ7.3cm ※重さ約97g(個体差があります)
   ※容量(すりきり)約425cc

専門用語の見方バナー.gif


「端反椀」とは、名前の通り、お椀のふちが軽く外側に反っています。
反っていることで、中の汁ものがよりいただきやすくなっています。
hasori_G_6478.jpg
すっきりした「黒」に注目。この黒い色は、炭の中でも高級な備長炭によるものです。
半つや消しのきめの細かい塗り肌で、日常使いに気兼ねなくご愛用いただけますよ☆


店長むぎ君のワンポイントアドバイス


↓いろんな角度でごらんください。
hasori_G_6481.jpghasori_G_6489.jpghasori_G_6483.jpg


↓手に持ったイメージです。
hasori_G_6492.jpg


材はミズメザクラ。カバノキ科カバノキ属の落葉広葉樹。
「サクラ」と付きますが、カバに近い木です。木質は重く硬く、木肌は緻密で粘りがあり丈夫です。
トチ材のお椀と比べると、しっとりとやや重く、安心感があります。


IMG_7250.jpg
端反椀(別商品)の雑煮椀としての使用イメージ。お餅もゆったりと入ります。(お箸はセットではありません)


<端反椀のできるまで>
※白木地が工房に届きました。
※中塗り中の様子です。

hasori_G_6498.jpg
さて、このお椀の銀彩は渋いブロンズカラー。
この銀彩は、最初にほどこした時は銀白色ですが、高品質の国産漆で数回上塗りすることで、このように深いブロンズになりました。
工房のよりすぐりの、長期熟成させた漆ならでは♥
通常の漆では、まずこのような色にはなりません。
上塗り漆は、2004年岩手県の大森俊三さんの盛辺生うるし。しっかりとした存在感をしめしてくれます。


hasori_G_6478.jpg
写真の商品の現品をお届けします!
具沢山のお味噌汁が入ります。


この端反椀シリーズは、特に在庫が少なく、現品限りとなっています。

tuujouhindesu.jpg

  • 端反椀(銀彩)

端反椀(銀彩)

28,000円(税込30,240円)

在庫状況 在庫0になりました。

購入数